自転車用ハブダイナモ

5月1日より神奈川県において施行される「ながら運転」を 禁止する改正県道路交通法施行細則により、無灯火などの取り締まりの強化も予想されます。
しかし、取り締まりがされるから無灯火はいけないというのではなく、無灯火は、他人(とくに車)からの認知度の問題、つまり自分の安全のために絶対にやめてください。
よく、自分は無灯火でも見えてるから平気だという人がいますが、それは違います。他人から見えてないから危険なのです。

地震の影響により、自転車通勤・通学が増え、その分無灯火の自転車が増えて危ないです。
一方で、計画停電のためか、最近、ロードバイク、MTB、クロスバイクでもハブダイナモを付けた自転車を一日に2、3台見かけることがあります。

私は、5年くらい前に、シマノから初めてのロード用ハブダイナモ(WH-3N71-Road)とライト(LP-R600)が出て以来ずっとハブダイナモを愛用してますが、自分以外に使っているのを見たことはなかったので嬉しい限りです。

さて、そんなわけで、ハブダイナモのインプレを。

よく言われる抵抗ですが、あまり感じたことありません。
200kmとか走れば実感できるのでしょうが、160kmくらいではほとんど実感できませんでした。
それより、ホイールの重さの方が問題になるのではないかと思います。

そして、何より、かなり明るいにも拘わらず、電池の管理が不要なのが嬉しいです。
ただし、夜中のCRなのでパンクし修理するときのためや、豆電球が切れたときのために携帯できるライトは必要かも。

そして、現在は、WH-3N71-RoadからWH-S501-3Dに変更されたので、WH-S501-3Dを使っています。
日常の足としてロードバイク、MTB、クロスバイクを使っている方には、非常におすすめです。
この商品に限っては、amazonよりなぜか楽天の方が安いです。

参考リンク
楽天でWH-S501-3Dを検索
楽天でLP-R600を検索

【おまけ】

以前使っていたWH-3N71-RoadとLP-R600
新しく自転車を買ったら着けようと思っていたのですが、まだ新しい自転車を買えてません(´・ω・`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする