PowerBIKE

梅雨の季節、自転車で走ることがあまりできなくなるので、ローラー台などが欲しくなるのは毎年のこと。
でも、場所や音などを考えるとめんどくさくなって買うのを控えていたのですが、これはちょっと気になりました。

振動が筋肉を活性化させトレーニング効率を上げる PowerBIKE(引用元:cyclowired.jp
ペダルを回すごとに細かな振動が伝わり、その振動が筋肉を活性化させ、トレーニング効率を上げるという新機軸のトレーニング用バイク、「パワーバイク」が登場する。

これは、パワープレートというトレーニング用機器の技術を、自転車の動きにも応用したサイクリング・トレーニング・マシン。パワープレートとは、細かな振動をカラダに伝えることで、カラダが自然とその振動に対応する動きを利用した技術だ。

細かな振動が不安定な状態をつくり出し、その不安定な中で運動を行うと、各部の筋肉が安定性を確保しながら細かく動いていく。それが単純な線運動の動きと比べ、トレーニング効率をあげ、かつ自然で故障しにくい筋肉をつくり出すというわけである。

パワーバイクの場合、クランクを一回転させるごとに振動が伝わってくる。あたかもマウンテンバイクでオフロードを走っているのと似たような振動で、この振動システムを切り替えることで、厳しい山道を、パリ〜ルーベでのパヴェ(石畳)を、そしてレース最後のスプリントのような状況まで再現することができるというもの。またスピードを上げることで、その振動という細かく3次元の負荷は増えていく。この負荷はじん帯や関節に過度な負担をかけることなく、筋肉を鍛えることができる。

このパワープレートは、短い時間でも効果的な筋力トレーニングが可能で、スポーツのさまざな方面のトレーニングに使用されている。プロサイクリストの分野ではレオパード・トレックのファビアン・カンチェラーラと契約し、またオランダのプロサイクリングチーム、ラボバンクとも契約を結んでいる。

2011年の秋に発売予定で、プロティア・ジャパン パワープレート事業部が取り扱う。価格等は現在のところ未定となっている。今後、展示会でのデモなどを通じて体験する機会が設けられる予定だ。

なお、応用されている「パワープレート」のテクノロジーや理論については公式サイトの「パワープレートとは?(外部リンク)」などを参照のこと。

商品名:PowerBIKE
発売日:2011年秋(予定)
発売:㈱プロティア・ジャパン パワープレート事業部

リンク:
パワーバイク公式サイト(英語)
プロティア・ジャパン

Minoura(ミノウラ) のV270-2とどっちか買うか迷いますねぇ。

ミノウラ GYRO V270-2(ジャイロ) トレーニングマシン(マグライザー3付)

新品価格
¥27,900から
(2011/6/18 20:04時点)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする