「自転車で携帯電話」を摘発

道路交通法の施行細則が神奈川県において改正され、自転車に乗りながらのヘッドホンや携帯電話の使用が禁止となりました。
しかし、未だに県内では、自転車に乗りながらのヘッドホンや携帯電話の使用が減っているようには見受けられませんでした。
そんな、久しぶりに良いニュースです。

自転車で携帯電話を使用、県道路交通法細則で初の摘発/神奈川(引用元:msn産経ニュース
自転車に乗りながら携帯電話を使用したとして、神奈川県警平塚署は4日、神奈川県道交法施行細則(画像注視)違反で、平塚市内の県立高校1年の女子生徒(15)を摘発したと発表した。同細則の一部が今年5月1日に改正されて以降、摘発は初。

同署によると、女子生徒は3日夜、平塚市追分の市道で、携帯電話でメールをしながら片手で自転車を運転していたとしている。通りかかった同署の事故処理車両が女子生徒を発見、4回にわたって警告したが、従わなかったうえ、信号を無視したという。

女子生徒は「まさか摘発されるとは思わなかった」と話しているという。

改正された同細則では、自転車に乗りながら携帯電話を利用することのほか、ヘッドホンで大音量の音楽を聴くことなどが禁止されている。悪質な違反行為には5万円以下の罰金が科される。

>「まさか摘発されるとは思わなかった」
ほとんどの人の意識がこんなもんなんでしょうね。

スポンサーリンク
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする