サイクルシェアリング

http://www.sankeibiz.jp/business/news/110714/bsj1107141142002-n1.htm
NTTドコモは13日、今夏からサイクルシェアリング(自転車の共同利用)事業を本格展開する方針を明らかにした。横浜市で、GPS(衛星利用測位システム)と携帯電話のデータ通信機能を活用した新システムの実証を始めるとともに、札幌市では既存の事業を大幅に拡大する。今後、企業や自治体との協力を拡大する方針だ。

新システムは、自転車にGPSや通信機能を備えた装置を付けて、利用の予約や位置の確認、遠隔操作による施錠などができるのが特長。特定の保管場所や管理事務所などの設備が不要で初期投資が軽減されるため、サイクルシェアリングの普及拡大が期待できるとしている。

ドコモがベンチャーのペダル(神奈川県)、横浜市と共同で運営している「baybike(ベイバイク)」に導入し、利用状況も検証しながら早期の商用化を目指す。

一方、札幌市では建設コンサルタントのドーコン(札幌市厚別区)と共同でサイクルシェアリングを展開中で、現在20カ所の拠点を8月末までに40カ所に倍増、自転車も3倍の300台に増やす。次世代システムの導入も検討していく。

カーシェアリングの自転車版ですね。
しかし、料金をみるとそんなに安くはないですね・・・
カーシェアリングも料金はそれほど安くはないですが、駐車場代や税金を考えると結構お得なんですが、それらがほとんどかからない自転車にこの料金設定はどうだろうと思います。
ただし、これで駅前などへの違法駐車が減るなら是非推進してほしいです。

<参考リンク>
baybike

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする