今年の自転車事故

震災後、自転車通勤が増えたことにより事故が増えると思ってましたがここまでとは。

自転車事故過去最悪ペース=通勤利用影響か、対策強化へ-警視庁(引用元:時事通信
東京都内で自転車が関与した交通事故の割合が増加している。東日本大震災後に自転車で通勤する人が増えたことが背景にあるとみられる。警視庁は通勤者へのルール浸透を狙い、企業を対象にした対策強化を計画。ブレーキがない「ピストバイク」で一般道を走るなど、悪質な違反も厳しく取り締まる構えだ。
同庁交通総務課によると、1~8月に都内で起きた交通事故のうち、37.8%が自転車が関わった事故だった。前年同時期より1.5ポイント高く、このまま推移すれば、過去10年で最悪の割合となるペースだ。午前8~10時の発生が最も多く、年齢層では20~30代が多かった。
同庁幹部は「ちょうど通勤時間帯。自転車通勤をする人が増えたことが背景にあるのでは」と分析する。自転車産業振興協会の統計では、国内の自転車出荷台数は震災後の4~6月に前年同期比で2割近く増加した。
同庁は、子供や高齢者を中心にしたこれまでの安全指導に加え、通勤利用者への対策強化を決定。企業の担当者を集めて自転車事故の実態を学ぶ会議を開き、自転車通勤をする社員に注意を促すことなどを検討している。(2011/10/09-16:25)

震災以後、逆走する人が増えたと思ったのは気のせいではなかったようです。

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする