宮澤崇史 サクソバンク移籍!

少し前から、宮澤崇史のサクソバンク移籍が噂されていましたが、実現!
宮澤選手おめでとうございます!

速報!宮澤崇史が
デンマークのサクソバンク・サンガードと契約を結ぶ
(引用元:cyclowired.jp
2011年10月21日、デンマークのUCIプロチーム/サクソバンク・サンガードが栃木県宇都宮市で会見を開き、現在イタリアのUCIプロコンチネンタルチーム/ファルネーゼヴィーニ・ネーリソットリに所属する宮澤崇史と1年契約を結んだと発表した。宮澤崇史本人の独占インタビューを併せて紹介する。

名将ビャルヌ・リース監督率いるサクソバンク・サンガードに、宮澤崇史が移籍する。前全日本チャンピオンの宮澤が、自身初めて世界最高峰のファーストディビジョンチーム(UCIプロチーム)の一員となる。つまりアルベルト・コンタドール(スペイン)のチームメイトとなる。

宮澤は「自分がこの先も選手を続ける意味は何なんだろう?逆に選手を辞める時はいつなんだろう?ここ2〜3年ずっとそのことを考えていた。そんな状況の中、今年(ファルネーゼヴィーニで走るという)チャンスが回って来た。そこで自分がやるべきことをやったことで、巡って来た今回のチャンス。これからも現役を続ける意義について、自分の中で深く考える一歩になったというのが正直な気持ちです」と、今回の移籍に関して感想を述べる。

今年イタリアのUCIプロコンチネンタルチームで走り、そしてUCIプロチームへの切符を手にした。移籍のきっかけは、宮澤本人による直談判だったという。

「今シーズンの始めに、サクソバンクのビャルヌ・リース監督に『チームに入れてくれ』と直談判した。自分で動いて手にした大きな一歩。具体的にチーム移籍の話が持ち上がったのは、ツール・ド・フランスが終わったあたりのタイミング。そして8月の中旬に話がまとまった。その時はもう『うわぁああ!やっっったーーーー!!』という感情が溢れ出た。送られて来た書類にサインして、DHL(国際宅配便)で30ユーロを払って送り返すのは変な気持ちだった。でも『100ユーロでも送るよ!』と思いながら送った(笑)」

正式にサクソバンク移籍が決まり、そして挑んだベルギーのイゼヘム・クルスで優勝し、パリ〜ブリュッセルで5位。「パリ〜ブリュッセルには落ち着いた気持ちで挑めて、優勝はできなかったけど、そこそこの成績を収めることが出来た」。

ロード世界選手権期間中の9月22日に、宮澤はデンマークにいるチームスタッフと顔を合わせた。「久しぶりにビャルヌに会って、向こうも喜んでくれたし、あらためてリラックスして話すことができた。チームにはかつてチームメイトとして走っていたフィリップ(モデュイ監督)がいるので心強い。自分は英語がそれほど得意じゃないので、語学が堪能な彼が世話をしてくれる。移籍が決まったとき、彼は『来年うちのチームで走るのか??』と電話してくれて、とても喜んでくれた」。

現在イタリアに住む宮澤は、継続的にイタリアに拠点を置く。「チームメンバーの多くはイタリア・トスカーナ州のルッカに住んでいて、自分もそこに移る。今の環境とはそれほど変わらないので心配はしていない。来シーズンについて具体的には監督と話し合わないと分からないけど、このチャンスを活かして、更に上を目指して次のステップに進みたい。11月にチームの合宿があるので、そこである程度2012年の動きが決まると思う」。

最後に2012年シーズンの抱負を語ってもらう。「充実した1年にして、シーズンを謳歌しますよ。人生の一番輝かしい1年のようなイメージで。自分自身、来シーズンはいろんな意味で輝きたい。そして、それがその先に繋がっていくと思う。やっと人間として当たり前の生活ができるようになった感じ。地面に脚をつけ、根を張ることが大事なんだとずっと思いながらも、今まではそれができなかった。そういう意味では、これまでフミやユキヤはスゴイと思ってきた。でもヨーロッパで闘うためには、そうじゃなきゃダメ。2012年シーズンに全てを懸けてみたい。チャンスがあるんだったら、100%の力を注ぎ込みたい。その環境が整うことがとにかく嬉しい。結果は後からついてくると思う」。

2012年のUCIワールドツアーライダー日本人第1号となる宮澤崇史、33歳。新天地での活躍に期待したい。

宇都宮で行なわれたサクソバンク会見の模様は後ほどお伝えします。

text&photo:Kei Tsuji

ロード世界選手権を30位で終えた宮澤崇史(ファルネーゼヴィーニ・ネーリソットリ): photo:Kei Tsuji
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/09/26/wcrrmen60.half.jpg
宮澤崇史とビャルヌ・リース監督: photo:Kei Tsuji
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/10/21/KEI19295.half.jpg
デンマークのサクソバンク・サンガード: photo:Kei Tsuji
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/01/17/tdu0007.half.jpg

宮澤崇史 サクソバンク移籍発表会 「ステップアップする機会を得て感謝している」(引用元:cyclowired.jp
宮澤崇史が来季、デンマークのUCIプロチーム”サクソバンク・サンガード”に移籍する。10月21日、ジャパンカップのペルマナンスがおかれた宇都宮市のホテルニューイタヤでチーム揃っての発表会に、宮澤自身も出席する形で発表が行われた。

ジャパンカップの開催を控えた木曜日の午後3時、サクソバンク・サンガードがチーム体制発表&ファン懇親会開催を開催した。出場メンバーが勢ぞろいして着席するなか、宮澤崇史(ファルネーゼヴィーニ・ネーリ)もその場に現われ、チーム広報のアンデルス・ダムガード氏の隣に着席した。

事前に「日本のファンにとって大きなニュースとなるサプライズな発表がある」と予告されていたこの発表会。まずはダムガード氏、そしてニコラス・ゲイツ監督からジャパンカップ出場選手の紹介が始まる。
そして最後に、「来季チームに加わる、新しい力となってくれる選手を紹介する」と、宮澤崇史のチーム加入が発表された。

ビャルヌ・リース監督はこの場にはいないものの、用意されたリリースで次のようなコメントを発表した。
「宮澤崇史はワールドツアーに参加しているチームの選手の一人になる実力を十分に持った選手です。常にチームの勝利を優先するチームプレーヤーと同時に、人間的にも誠実な素晴らしい選手です。アグレッシブなライディングと安定したパンチャー(アタック力に優れいてる)でもあります。宮澤選手をチームの一員として迎えることができ、大変嬉しく思います。」

宮澤崇史は「日本のチームで長くやってきて、昨年はチームNIPPO、今年はファルネーゼヴィーニで走る機会を得て、そしてまた来年ステップアップする機会に恵まれてすごく感謝しています。
サクソバンクでは今まで培ってきたすべてを出すような走りでチームに貢献していきたいと思います」。

宮澤は同時にリリースで次のような公式コメントを出している。
「まずは、自転車ロードレースチームの最高峰ともいえるワールドツアーに参戦出来ることになり非常に嬉しく思います。また何よりも加入するチームがサクソバンク・サンガードであるという事実に興奮を隠しきれません。違うチームに在籍した際にも、サクソバンク・サンガードのアグレッシブなスタイルとチーム連帯感を観るのが好きでした。また、リース監督の元でプレーできる事で非常に色々な事が学べる機会だと思います。

今回は初めてのワールドツアーチーム入りとなりますが、僕はルーキーではないですし、ヨーロッパでのレース経験もあります。チームへの勝利に貢献することが一番の目標ではありますが、チャンスがあれば勝利も狙ってゆきたいと思います。今はチームの一員としてスタートした思いで一杯です」と公式コメントを発表した。

「契約が決まった時、正直舞い上がってしまった」と言う宮澤。来季のプログラムはまったく未定の状態だが、チームから『勝ちに行け』と言われたら最高だが、チームに評価される仕事ができる選手になること、求められる仕事に応えられることを目指したい」とコメントした。

記者発表の模様は追ってムービーでお伝えする。

photo&text:Makoto.AYANO

サクソバンク・サンガードのメンバーと並んだ宮澤崇史: (c)Makoto.AYANO
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/10/21/IMG_0906.jpg
ジャパンカップで開催されたサクソバンクのチーム発表会 : (c)So.Isobe
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/10/21/DSC_0179.half.jpg
チーム広報のアンデルス・ダムガード氏から紹介される宮澤崇史 : (c)So.Isobe
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/10/21/DSC_0222.half_350.jpg
サクソバンク・サンガード移籍の心境を語る宮澤崇史 : (c)Makoto.AYANO
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/10/21/IMG_0866.half_350.jpg
発表会では満面の笑みを見せる宮澤崇史: (c)So.Isobe
http://www.cyclowired.jp/sites/default/files/images/2011/10/21/DSC_0235.half.jpg

Miyazawa joins Saxo Bank-SunGard(引用元:Saxo Bank-SunGard
[21.10 08:29] Japanese rider Takashi Miyazawa is joining Saxo Bank-SunGard.
The 33 year old Miyazawa has agreed to a one year deal with the Danish based World Tour team.

“In my opinion Takashi is a rider that has proven to be worthy of a chance to become part of a World Tour team. He has a very professional approach to his sport, he is always willing to contribute to the team and at the same time he is a genuine guy.
He is an aggressive rider and has solid abilities as a puncheur. So I’m happy to welcome him onboard,” team owner Bjarne Riis says.

Takashi Miyazawa joins Saxo Bank-SunGard from Farnese Vini. Representing the Italian outfit Miyazawa won the Belgian race Izegem Koerse in September and was fifth in Paris-Bruxelles before taking part of the Japanese National team at the Worlds in Denmark. In 2010 Miyazawa won the Japanese National road race title.

“I’m thrilled to become part of a team competing at the top level of professional cycling, and I’m even more thrilled that the team is Saxo Bank-SunGard. I really like the focus on team spirit and riding aggressively. I also believe I can learn a lot from working with Bjarne Riis and the sport directors,” Takashi Miyazawa says.

“This is my first go at a World Tour team, but I’m not a rookie after years of racing in Europe. Of course my main goal for next season is to keep improving and do my very best to contribute to the team, but if I get the chance to win a race, I’ll certainly go for it. Now I’m just looking forward to get started,” Miyazawa adds.

Takashi Miyazawa is currently representing a National Japanese team participating in Japan Cup and was officially announced as a coming Saxo Bank-SunGard rider this afternoon local time at a press conference in the city of Utsunomiya.

宮澤選手と言えば母親に肝臓の一部を生体移植で提供した逸話があります。
そのために雌伏期間が数年ほどありましたが、全日本チャンピオンになり、ついにサクソバンクに移籍となりました!めでたい。
全日本チャンピオンになったときの「母親への肝移植後(=2001年、宮澤はドナーとして母親への生体肝移植を行っている)、結果の出ない自分に対して心配する母親に対して、強くなれないのは自分の責任である事を証明したかった。そして、体が壊れるくらい死ぬ気で走った。(引用元:エキップアサダ)」というコメントが今になって思い出されます。
選手に対してこのようなことをいうのは烏滸がましいですが、、、がんばりましたよね!と敢えて言いたいです。
これからのサクソバンクでの活躍やがんばる姿を楽しみにしています!

<参考リンク>
宮澤崇史公式HP:BRAVO|自転車に乗っている全ての人にHAPPYなサイクルライフを!
サクソバンク・サンガード公式HP:Saxo Bank-SunGard

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする