自転車での交通事故の基礎知識

栗脇弁護士の自転車法律講座]自転車で事故に遭った場合の対処法 前編(引用元:CYCLINGTIME.com
はじめに
自転車は楽しい乗り物ですよね。ですが、公道を走る乗り物である以上、交通事故の危険性とはいつも隣あわせです。交通安全に気を配り、ヘルメットやグローブを着用して怪我の防止に努めても、いついかなる場所で事故に遭わないとも限りません。もちろん事故に遭わないのが一番いいのですが、万が一遭遇してしまった場合に交通事故にまつわる法律問題を知っているのといないのとでは、事故後の交渉や気持ちの安定という点で大違いです。

そこで、交通事故をめぐる法律問題の基礎知識についてご説明していきたいと思います。また、思わぬ落とし穴に落ちないために、意外と知られていない、自転車をめぐる交通法規についてもご説明していきます。

今回はまず、実際に事故に遭ってしまったらどうするのか、事故直後に採るべき対応をご説明しましょう。

交通事故に遭ってしまったら
(1)とにもかくにも警察へ連絡

ご自身が自転車で誰かを傷つけてしまった場合はもちろん、ご自身が被害に遭った場合でも、とにかく警察に連絡をしてください。もし、ご自身が自転車で誰かを傷つけてしまった場合、たとえ自転車であっても、けが人の救護をしなかったり警察への連絡を怠ったりしたら、道路交通法上の救護義務(道路交通法72条)違反となり、いわゆる「ひき逃げ」として刑事処分を受けることもあります。

一方、ご自身が被害に遭った場合ですが、加害者が「警察に届けないでください」なんてことを言い出したとしたら、被害者のことではなく我が身のことしか考えていない証拠です。そのような人が「事故扱いにしなくても、自分がしっかり対処するから」なんて言ったとしても、決して信用してはいけません。その言葉を鵜呑みにして警察に届けなかった場合、加害者からの賠償がもらえないだけでなく、交通事故扱いにもしてもらえず、自賠責保険の保険金が下りないなんていうことにもなりかねません。

(2)救急車を呼ぶ

事故直後は気が張っていますので、あまり痛みを感じないこともあります。そのため、後から痛みが出てくることもありますし、もし頭を打った場合、その影響が1時間以上経ってから出てくるということもよくあります。ですので、たいしたことはないと思っても、救急車を呼んでください。

(3)知り合いなどへの連絡

事故直後に救急車で搬送された場合等でなければ、事故現場で警察から事故状況について聞き取りがなされます。ですが、事故直後は気持ちが高ぶっていますので、記憶が混乱したり、思っていた通りのことを説明できないことがよくあります。

私事で恥ずかしいのですが、私はサイクリング中に突然、前方に停止中の自動車の後部ドアが開き、そのドアに後輪を引っ掛けられて転倒するという事故に遭ったことがあります。そのとき、事故処理に当たった警察官から自宅の電話番号を聞かれたのですが、事故直後で混乱していた私は、なぜか間違えた番号を伝えてしまったのです。弁護士でも(正確には私が弁護士になる前の事故なのですが)こういうことがあるのですから、交通事故に慣れていらっしゃらない方(ほとんどの方がそうだと思いますが)が、事故直後にしっかりとした事故状況の説明ができなくても当然です。

ですので、事故に遭ったら、すぐに親しい方に連絡をして、事故現場に来てもらうようにしてください。親しい方に来てもらえるだけで、気持ちの落ち着き方が違います。また、知り合いに弁護士がいれば、すぐに連絡することをお勧めします。弁護士は多忙ですから、現場に駆け付けることは難しいでしょうが、電話であってもアドバイスを受ければ気持ちは落ち着きますし、警察官に対して説明するときにも的確な説明ができるはずです。

(4)保険会社への連絡

ご自身が加入している保険会社に連絡を入れましょう。これは、事故現場ではなく、ご自宅に戻ってからでも構いません。誰かに怪我をさせてしまった場合に保険で対応してもらうのはもちろんですが、ご自身が怪我をした場合や愛車の自転車が傷ついた場合に保険金が出る保険もあります。一度、ご自身が加入している保険の内容を確認してみてください。

(5)相手方当事者からの聞き取り

住所、氏名、自宅の電話、携帯電話、勤務先は最低限確認してください。相手が名刺を持っていれば、受け取っておきましょう。後に詳しくご説明しますが、損害賠償請求の際に必要不可欠な情報となります。また、お見舞いに伺う時にも住所などが分からないと、行こうにも行けません。

一方、事故態様や事故の責任について話をすべきか否かですが、事故態様は警察官が聞き取りをしますので、警察官が来るまでは、相手方当事者と事故態様に関する話はしない方が賢明です。そうしないと、後で言ったの言わないの、という話になりかねません。

(6)警察への説明

110番通報したら、事故処理係の警察官が臨場します。警察官に対しては、しっかりと、ご記憶に沿って事故状況を説明するようにしてください。とは言っても、警察官から何を聞かれるのか、聞かれたことにどのように説明すればいいのか分からない方がほとんどだと思います。ですので、次回は、このあたりを詳しくご説明します。

text:Yasuhide Kuriwaki

久しぶりの良い記事です。
とりあえず、まとめるとこんな感じですね。
(1)警察へ連絡
(2)救急車を呼ぶ
(3)知り合いなどへの連絡
特に3番目は忘れがちになりそうなので、良く覚えておくことにしようと思います。
ちょっと調べたら、栗脇さんは、福岡の髙橋法律事務所所属の弁護士の先生のようです。

交通事故の法律相談

新品価格
¥4,725から

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする