なるしまフレンド「 チーム練習で猫虐待 」で炎上?

なるしまフレンド自転車チームの一部の人間の行為により、お店にまで迷惑がかかってしまったようです。

2ちゃんねるに立った関連スレッド

これらに対するなるしまフレンドの対応

一部ネットニュースの報道につきまして(引用元:なるしまフレンド
一部ネットニュース等で報道されている件につきチームとして事実確認を行いました。
本件につきましてはチームとしても問題としてとらえております。
該当のチーム員及びチーム全体として同様な事がないよう、今後再発防止に努めてまいります。
この度はお騒がせし申し訳ございませんでした。

チーム代表 鈴木 淳

「猫虐待の張本人」と言われている人の行為が虐待といえるかどうかの議論はさておき、、、、

どうでも良い内輪話を

わざわざTwitterやブログで公表するのか

理解できません。

ただ、炎上はもう少し続くでしょうね。
虐待したとされる当人のコメントがこれだから。

@(要請によりアカウント名削除):軽はずみな行動で反省してる。相手にはすぐに謝って
仲直りしたが、他に誰に謝れば良い?関係者には連絡済み。

@(要請によりアカウント名削除): 被害猫に関しましては、行為後に謝罪に行き、
体に異常のないことを確認しております。ご迷惑をおかけし、
まことに申し訳ございませんでした。

おいおい。
「被害猫」、「仲直りした」って自分で言ってることは、故意だったってことじゃん。ひどすぎ。
加えて、「謝罪に行き」とかね・・・呆れてものもいえません。

加害者がどこにお勤めなのか知りませんが、欧米だとこれだけで会社をクビにされちゃうだろうから、日本でよかったですね。

ただし、加害者が小動物(弱者)を虐待する(仮に虐待にあたらないとしてもいじめをする)ような人間であり、加害者の周りの人間もそれをネットにアップロードするようなメンタリティの持ち主という不名誉は全国に広まりましたけどね。

さて、今後、なるしまフレンドがどのように名誉挽回を図っていくのか楽しみです。
まさか、風化するのを待ってるなんてことないですよね。

スポンサーリンク
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    自転車愛好家はこんな連中ばかりなのですか?

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      こんな連中ばかりでないと言いたいのですが、このような事件があった後では何を言っても信用性がないですよね。

      つい先日もノーブレーキピスト(ブレーキ無し固定ギア車)での公道の逆走動画をYou Tubeにアップロードして書類送検された人がいたにも拘わらず、今回もまたあほな行動をアップロードする事件が起き、なんといったら良いのかわかりません。
      ただでさえ、大井埠頭でのロードバイクによる集団暴走や多摩川サイクリングロードでのロードバイクのスピード超過がテレビで放送されたり、警察によるノーブレーキピストの取り締まりが強化されたりし、自転車愛好家のマナーや意識が問われることが多くなってる中で、自転車愛好家が自転車のマナー以前の一般常識を問われることになるとは夢にも思いませんでした。

      また、単純にどのようなスポーツの世界にも悪い奴もいれば良い奴もいる。強姦で逮捕された柔道の某同様たまたま今回も~と一般化してお茶を濁すという方法もあるにはあると思います。
      しかし、今回の件は、哀しいことに単に一個人の意識が低いという問題ではないんですよね。
      一個人ではなく、共に練習していた自転車愛好家全員の意識が低かったという問題ですから。
      したがって、匿名さんのように「自転車愛好家はこんな連中ばかりなのですか?」と問われると、何を言っても言い訳にしか聞こえないであろうと思われますので私には答える術が何もありません。
      ただただ、自転車愛好家の1人として哀しいばかりですというのが正直な気持ちです。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      まとめに入れさせて頂きます。
      なお、コメント記入の際にメールアドレスの記載は任意です。

  2. 日本人のおじさん より:

    幼児の頃は、結構、残酷な事もするが、
    精神的に成長するにつれて、思いやりとか他者の痛みを
    理解するようになるものだ。
    騒ぎになり、懲罰を受けたら、猫に謝った・・・・猫には言葉なんて分からない。
    問題なのは、その幼児的残酷さとネットで公開する
    精神レベルの低さが問題なのだ。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      体調を崩し、なかなか返信できずにすいませんでした。

      この事件以降、加害者の所属するチームのメインスポンサーの方のHPを観たら、事件が起こる以前に、チームメンバーに対する、趣旨は少し違いますが類似の苦情が書かれていました。
      チームメンバーはおよそ親の心子知らずというような年齢ではないはずだと思うのですがね。