自転車乗りのための法律講座 路側帯

※この記事は道路交通法の法律改正により正しい内容ではなくなりました。
※以下の記事を参照ください。
今日から自転車は道路右側の「路側帯」通行禁止

某スレッドで、路側帯の扱いについて議論が紛糾していたので、自己啓発も兼ねて解説を。

まず、問題点は、
自転車は路側帯を逆走できるか?
です。

次に、結論を先に述べると、自転車は路側帯を逆走できます

以下、理由を述べます。
まず、自転車は、車両のうちの軽車両にあたります。

道路交通法
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
八  車両 自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。
十一  軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。
十一の二  自転車 ペダル又はハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上の車(レールにより運転する車を除く。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであつて、内閣府令で定める基準に該当するものを含む。)をいう。

次に、路側帯は、歩行者の安全のために、歩道がない道路又は道路の歩道がない側に設置され、車道と分離することにより基本的に歩道と同様に扱われています。
つまり、歩道のある道路にある白線は、車道外側線であり、路側帯ではありません。

<参考>
車道外側線

路側帯

同法同条
三の四 路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。

第十七条  車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、又は第四十七条第三項若しくは第四十八条の規定により歩道等で停車し、若しくは駐車するため必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。

とここまで読むと、歩道なので、車両である自転車は歩道を走ることができないようにも思えます。
しかし、車両のうちでも軽車両に限っては、歩道を走ることができます。

同法
第十七条の二  軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる

以上より、自転車は路側帯を逆走できることとなります

どうでもいいことですが、書いてる途中で、だいぶ前にロードバイクにのったおばさまに「逆走すんな!」と怒鳴られたことがあり、「ここは路側帯だから逆走してもいいんですよ?」と言ったら、「そんなことない!!!!」とキレられたことを思い出しました。
まぁ、間違えた知識に基づいたものであるなしに拘わらず、注意するにしても怒鳴るのはいかがなものかと思います。
自動車に乗ろうが自転車に乗ろうが、たとえ相手が間違えていたとしても譲り合いの精神や惻隠の心は大事ですよね。

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする