自転車にナンバープレート?

法律ではなく条令の話であり、また検討中の話ですが、東京都でナンバープレートのようなものを自転車に付けるのを義務化することが検討されているそうです。

銀輪の死角:自転車にナンバーを 防犯登録強化しプレート表示、都が6月に検討会設置(引用元:毎日.jp
自転車の放置と悪質運転を減らす方策として、東京都が防犯登録制度の強化と併せ、登録番号をバイクのナンバープレートのように大きく表示できないか検討を始めた。6月にも業界関係者らによる検討会を設置し、これらを含めた自転車総合対策の条例制定について議論する。所有者の責任をより明確にし、年100億円を超える市区町村の放置自転車対策コストを減らす狙いもある。【佐々木洋】

都内の自転車保有台数は約900万台。09年度には1割近い約74万台が放置自転車として撤去され、各市区町村の保管期限(1〜6カ月程度)を過ぎた約31万台が処分された。自治体の撤去や駐輪場維持費は01年度以降増え続け、10年度は総額135億円に上る。デフレで自転車の低価格化が進んだことも「乗り捨て」を助長している面がある。

所有者が不明になる大きな要因が、防犯登録制度に転居や譲渡した場合の明確な規定がないことだ。

防犯登録は94年に自転車法で義務化された。購入時に登録料(一般的に500円)を払うと番号を印字したシールがもらえ、各警察本部で保管されるデータは盗まれた場合の照会などに利用される。登録しなくても罰則はないが、都自転車商防犯協力会によると、登録率は約9割と高い。

だが、持ち主が移ったり住所が購入時と変わったりすると、連絡を取るのが難しくなる。このため検討会では、ナンバープレートと同じような変更登録の義務化も議論する。

己の行為が己の首を絞める典型ということでしょうか。
放置自転車は主に盗まれた物がだと思っていましたが、防犯登録が9割の中で3%が処分されるということは盗難によるものがそれほど多いということではないのでしょう。

今までは、モラルの低下により、税金が無駄に使われるだけでした。
そのために、自分で自分の首を絞めてるという意識が低かったのでしょう。
しかし、今回は、モラルの低下が立法を促し、自転車に余計な装備が付き購入価格が上昇することになると思われます。

小さな子どももつ親御さんたちの重要な足である自転車の値上げも本当に必要なのでしょうか?
モラルの低下によりナンバープレートが義務化されるのは仕方ないとしても、子供乗せ専用自転車などの例外を設けるべきだと思います。

スポンサーリンク
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする