ランス・アームストロング 永久追放?

現時点で確定しているのは、豪腕さんが、米国反ドーピング機関とは、もう闘わないと発表したことのみです。
したがって、引用元により多少ニュアンスの異なった記事が出ています。

アームストロング「もう十分」 闘い中止、タイトル剥奪へ(引用元:スポニチ
自転車ロードレースで世界的に活躍したランス・アームストロング(米国)が23日、ドーピング違反を告発した米国反ドーピング機関(USADA)とこれ以上争わないという声明を発表した。AP通信が伝えた。USADAは、7連覇したツール・ド・フランスのタイトル剥奪や自転車競技からの永久追放処分を科す方針を示した。

昨年引退し、今はトライアスロン選手として活動する40歳のアームストロングは声明で無罪を主張したが「もう十分だ」と述べた。「USADAはタイトルを無効にする権限を持っていない」と訴えたが、USADAは権利を行使できるとの立場を強調した。

USADAは6月にアームストロングに対してエリスロポエチン(EPO)など禁止薬物の使用や血液ドーピングを告発した。(共同)

ドーピングでの闘いを中止、アームストロングが声明 タイトル剥奪の可能性も(引用元:msn産経ニュース
自転車ロードレースで世界的に活躍したランス・アームストロング(米国)が23日、ドーピング違反を告発した米国反ドーピング機関(USADA)との闘いをこれ以上しないという声明を発表した。AP通信が伝えた。ツール・ド・フランスの7連覇などのタイトル剥奪や自転車競技からの永久追放処分を科される可能性があるという。

 昨年引退し、今はトライアスロン選手として活動する40歳のアームストロングは声明で無罪を主張したが「もう十分だ」と述べた。USADAは6月にエリスロポエチン(EPO)など禁止薬物の使用や血液ドーピングを告発した。(共同)

しかし、ドーピングによりタイトル剥奪となると、毎回気になるが繰り上げでタイトル取得となる人間の正当性です。
繰り上がりでタイトルを取得した人間のドーピング疑惑はどうなるのでしょうか?
そもそも10年以上前のタイトルを剥奪が可能というのがおかしいのでは?思います。
特に、今回のように証拠が証言だけという場合には。

スポンサーリンク
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする