ファミリーサイクルの選び方1

※あくまで私見です。

ファミリーサイクル(いわゆるママチャリ)を選ぶ際に何を基準にしてますか?

多くの方は、やはり価格ではないでしょうか?

現在、多くのホームセンター・や通販サイトをみると、1万円を切るような低価格な自転車が並んでます。
一方、当サイトに出ているような自転車専門店だけでなく、一般の自転車屋においては、そのような自転車が並んでいるのは稀だと思います。
これは、ホームセンターと違って自転車屋だから割引きを余りしてくれないからということなのでしょうか?

違います。単に、ホームセンターや通販では、安い製品を売っているだけです。
では、なぜ、自転車屋ではそのような安い自転車を売ってないのでしょうか?

それは、ホームセンターなどで売っている極めて安価な自転車の多くは安全性が確保されていないからです。

現在、ファミリーサイクルは、2つに分類されるのをごぞんじでしょうか?
1つは、BAAマークのついたシールが貼ってあるもので、もう一つは貼ってないものです。
BAAマークとは、(社)自転車協会が、自転車安全基準に適合した自転車に貼付されるマークです。

つまり、日本では、安全基準に適合した自転車と安全基準に適合しているか不明の自転車があるということです。
当然ですが、安全基準に適合させるためにはコストがかかります。
一方で、安全基準に適合させる必要がないのであれば、コストはそれほどかかりません。
そして、安全基準に適合しているか不明の自転車であっても、日本では売ることができます。

しかし、自転車整備士免許を持った自転車屋は、安全基準に適合した自転車しか扱っていません。
従って、多くのホームセンター・や通販サイトで見かけるような、1万円を切るような低価格な自転車が自転車屋では売ってないのです。

というより、もともとブリジストンやパナソニックなどの国内のメーカー製の自転車を買えば、そもそもシールは不要でした。
しかし、中国製などの安全基準を考慮しない廉価な自転車が大量に出回り、その苦肉の策としてシール必要になったんだと思われます。
まさに、悪貨は良貨を駆逐するという良い例です。

以上より、私見ですが、ファミリーサイクル(いわゆるママチャリ)を選ぶ際の基準は

1、自転車屋で購入する。
これが一番です。
購入したお店に、自転車を持っていくとほぼ無料で、定期点検もしてくれますし、空気注入やチェーンへの注油、ワイヤー調整などをやってくれるので、自転車が駄目になる一番の要因である整備不良のリスクも減るからです。

しかし、自転車屋が近くにない、また金銭的な理由などで、ホームセンター・通販で買わざるを得ない場合もあると思います。
そこで、2番目の基準として、
2、BAAマークのシールのついた自転車を購入する。
ということになると思います。
因みに、国内メーカーだとほぼ間違いなくBAAマークのシールがついてます。

もっとも、一番重要なのは、購入した自転車を、野ざらし雨ざらしにし、定期点検もせずにチェーンなどを錆させるようなことはしないということです。
2週間に1度くらいは、タイヤに空気を入れる。
一か月に1度くらいは、定期点検する(もしくは自転車屋でしてもらう

ということでしょう。

次回は、通販サイトで実際に探してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする