自転車の信号無視でも略式起訴・罰金

東京地検 自転車で信号無視繰り返したら罰金に(引用元:スポニチAnnex
東京地検は21日、悪質な赤信号無視を繰り返す自転車の運転者について、これまで起訴猶予処分としてきたのを改め、原則として略式起訴し、罰金刑を求めると発表した。今月から適用する。こうした運用は全国で初めてとみられ、モデルケースとなりそうだ。

警視庁によると、都内での交通事故は全体の件数が減少しているにもかかわらず、自転車が絡む事故は全国平均より高い水準で推移している。赤信号無視の自転車が引き起こす交通事故も目立ち、悪質なケースには処罰を科し、自転車運転者のモラルを高めるのが狙い。

地検は赤信号無視の中でも、交通量の多い道路赤信号を、2人乗りや携帯電話を使用しながら運転することなどを悪質と想定。1度目の摘発は従来通り、起訴猶予処分とするが、2度目は略式起訴する。

これまで赤信号を無視して摘発された自転車運転者は、刑事処分の対象となる交通切符(赤切符)を交付され、書類送検されていたものの、全員が起訴猶予処分となっていた。

ピスト規制に次いで、信号無視もと、自転車に対する規制強化というか、今まで放置されていたことについてようやく行政が重い腰をあげたということでしょうか。
でも、ちょっと生ぬるい気がしますが、現行犯でないとほぼ無理だからでしょうね。

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする