埼玉でツール・ド・フランス記念大会開催決定!

さいたま市が計画していたの知っていましたが、まさか通るとは・・・

自転車:ツール・ド・フランス、さいたまで記念大会 10月26日開催へ 上位選手30人招待、新都心駅周辺を周回 /埼玉(引用元:毎日jp
さいたま市で10月、世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」の名を冠した記念大会が開かれることが決まった。本大会に出場する上位選手約30人を招き、JRさいたま新都心駅周辺(さいたま市中央区)約2・8キロを周回する。関連大会がフランス以外で開催されるのは初めてで、市はフランスの主催会社と3月にも正式合意する見通しだ。【林奈緒美】

開催日は10月26日となる予定で、市などで作るスポーツ誘致組織「スポーツコミッション」と、主催会社の「アモリ・スポル・オルガニザシオン」(ASO社)が協議を進めてきた。

ASO社が自転車レースに多い郊外ではなく、都会的なコースを要望したことを受けて、さいたま新都心周辺の一般道でレースが実施される。さいたまスーパーアリーナや、合同庁舎付近の約2・8キロを約20周する「クリテリウム」形式で、観戦者は路上や歩行者デッキから有名選手が疾走する姿を何度も見ることができる。

ASO社は本大会が今年で開催100回目を迎えるのを記念し、フランス以外で初めてツールの名を冠したレースの開催を計画。さいたま市の清水勇人市長は昨年7月にフランスでASOの幹部と会うなどして誘致を進めてきた。昨年12月にはASO社の担当者が来日し、コースの下見などを行ったという。

市は招へいするトップ選手たちの渡航費用や運営費、大会名の使用料など2億円規模の関連予算を来年度当初予算案に計上し、2月議会に提出する予定。10万人の観客数を目標に掲げ、地域経済の活性化を図る。3月ごろにASO社と正式合意する見通しという。

清水市長は1月の定例会見で「自転車の利用拡大、安全運転などスポーツの振興を図る絶好の機会。ぜひとも夢を実現したい」と意欲を語っている。

記念大会のイベントとしてのクリテということなんでしょうが、スゴイ!
しかも2億円程度で呼べたなら、東京も誘致すればよかったのに(´・ω・`)
さいたま新副都心より、皇居の周りの方が海外への見栄えもよく、なにより東京オリンピック誘致にもなったのに・・・

まぁ、さいたま市の実行力の勝利でしょうね。
しかし、さいたま市は行くのが億劫だなぁ・・・

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする