東金市 市道の不備で高額賠償

市道の不備で高級自転車破損 市の賠償金138万円ナリ(引用元:朝日新聞
自転車の自損事故をめぐって道路整備に不備があったとして、千葉県東金市が自転車の所有者に138万5千円の損害を賠償することがわかった。高くつくのは、壊れた自転車が特殊な手作り品だったためだ。市は8日開会の定例市議会に賠償の議案をはかる。

市によると、事故があったのは昨年8月19日の夕方。市内の40代男性が自転車で市道を走行中、道路の端にある集水ますと側溝の間の幅5センチ、長さ60センチの溝にはまって転倒し、車体が破損した。けがはなかったという。

自転車は男性が趣味で手作りしたもの。車体は高級素材のカーボン製。背もたれ付きのシートに座り、仰向けに寝そべるような格好でペダルをこぐ「リカンベント」と呼ばれるタイプだ。

自転車の価格は鑑定人の査定で265万円。市と男性の過失割合は6対4に決まり、減価償却分を除いた額が賠償額となった。賠償金は保険で支払うが、市幹部は「市内を見回り、同じような溝を全部ふさがないといけない」と頭を抱える

価格からしてフレームをワンオフでオーダーしたってことですかね?
しかし、265万円の6割ということは160.8万円
ということは、支払われた額が138.5万円なのだから減価償却分は22.3万ってことは結構新しかったんですね。

東金市に限らず横浜市のハマをかたどった↓のような側溝の蓋もどうにかしてくれないかなー

スポンサーリンク
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする