放置自転車買取詐欺@京都

こんな事件もあるんですねえ。

京都市 放置自転車買い取り業者 刑事告発(引用元:MBS NEWS
京都市が管理している放置自転車を買い取る際に、その量を少なく申告し、支払額を偽ったとして市内の中古自転車販売業者が市に詐欺容疑で刑事告発されていたことが分かりました。

詐欺の疑いで告発されたのは、西京区の中古自転車販売業「中村商店」です。

京都市によりますと、中村商店は市が撤去し、その後持ち主の現れない放置自転車を1キログラムあたり95円で市から買い取っていましたが、その重量を市に対し少なく申告し、支払代金を偽っていたということです。

自転車の重量は、市が定めた計量会社で量ることになっていましたが、市が計量会社を張り込んで調査をしたところ、中村商店が自転車を持ち込まなかった日付の計量結果を提出したということです。

「追跡調査して、回収した自転車を会社のほうに持ち込んでいた。実際その日に何も計量されていなかった」(京都市自転車政策課 芳賀正昭課長)

京都市は被害額は数千万円に上るとみていて、「計量会社の関与も含め、警察に捜査してもらいたい」と話しています。

よくもまあ考えたものです。
でも、どこからばれたんでしょうね。

<参考リンク>
中村商店

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする