豪腕さん1位に

嫌いなスポーツ選手、3位にウッズ 米誌発表(引用元:朝日新聞
米経済誌「フォーブス」は7日、世論調査による「米国で最も嫌われているスポーツ選手ベスト10」を発表し、禁止薬物の使用で自転車競技界から永久追放となったランス・アームストロングが1位になった。

2位は、アメリカンフットボールの強豪ノートルダム大LBで、昨季の「ハイズマン賞」(最優秀選手賞)の候補に挙げられたマンタイ・テオ。昨年、「不治の病で恋人が死んだ」と告白し、直後の試合で大活躍して大々的に報道されたが、その後、大うそであることが発覚して謝罪に追い込まれた。

複数女性との不倫騒動をきっかけに離婚したゴルフのタイガー・ウッズは3位。禁止薬物の使用疑惑が再燃している大リーグのA・ロドリゲス(ヤンキース)が6位で、プロバスケットのコービー・ブライアント(レーカーズ)が9位に入った。

日本で日本人スポーツ選手に対して同じランキングをやったとしても、禁止薬物の使用の自転車選手が1位になることはないでしょうねぇ。
日本の場合は禁止薬物の使用をする選手をいないだろうから仮定の話にしかなりえないかな?w

しかしこのランキングからは、禁止薬物の使用に対するアメリカ人の態度やアメリカでの自転車の人気の高さがわかると思います。

広告
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする