3人乗り自転車の危険性

「3人乗り自転車」潜む危険…年311人が負傷(引用元:YOMIURI ONLINE
川崎市で母子3人が乗った自転車が転倒し、5歳の女児がトラックにひかれて死亡した事故を機に、自転車の「3人乗り」の安全性に改めて関心が高まっている。

安全基準に適合した自転車に限り、6歳未満の幼児2人まで乗せることができるが、適合自転車は高価なこともあって一般の自転車に乗せる親も多く、人身事故も後を絶たない。幼子から目を離せない親にとって、3人乗りは危険と隣り合わせだ。

◆転倒

川崎市の事故は、今月4日朝に起きた。5歳と1歳の娘2人を乗せた30歳代の母親運転の自転車が、踏切手前で転倒。後部座席の長女が、止まっていたトラックの前輪と後輪の間に投げ出され、発進したトラックの後輪にひかれた。

母親は次女を保育園に送る途中。自転車は3人乗り用の安全基準を満たしていたが、長女はシートベルトを着けていなかったらしく、母親は「前から来た自転車をよけようとして転倒した」と話したという。

◆高いニーズ

自転車の3人乗りが認められたのは2009年7月。都道府県の公安委員会規則で禁止されていたが、買い物や幼稚園の送迎などに必要な子育て世代の要望に応えた。一般社団法人「自転車協会」(東京)と「製品安全協会」(同)が、十分な強度があり、走行時や駐輪時の安定性に優れるなどの基準を満たす自転車を認証。6歳未満を2人まで乗せることができる。

各地の自治体が行う3人乗り自転車の貸し出しには、申し込みが相次ぐ。兵庫県川西市が昨年、30台分を募集したところ、約110人から申し込みがあった。奈良県生駒市も年間60台を貸し出すが毎回、抽選になる人気ぶり。販売価格が5万円前後から十数万円と高いこともあり、市の担当者は「3人乗りが必要な期間は限られており、貸し出しのニーズは高い」と話す。

一方で、事故も多発している。警察庁によると、3人乗り中の事故で負傷した同乗者は、一昨年で311人。うち約8割が5歳以下で、死者も2人出ている。また大阪、京都両府警の調べでは、けが人を伴う事故は昨年、大阪で62件、京都で5件が起きている。

まず、前提として3人乗せた場合の最大重量と最少重量、すなわち5歳児2人を乗せた場合と1歳児2人を乗せた場合は、どのくらいの重さになるのでしょうか?

政府統計の総合窓口(e-Stat)の平成22年度乳幼児身体発育調査の「一般調査及び病院調査による体重の身体発育値(3、10、25、50、75、90及び97パーセンタイル値) 年・月・日齢別、性別」から、5歳児の平均体重は約18kg、1歳児の平均体重は約10kgということがわかります。
とすると、5歳児2人あわせて36kg、1歳児2人あわせて20kgということになります。

次に、私の場合、ロードバイクだろうが荷運びの用途も兼ねているので荷物を結構積むことがあります。
30kgぐらいまで積んだこともありますが、だいたい10kgくらいでかなりバランスが悪くなります。
さらに20kgとなるとバランスだけではなく、制動距離、すなわちブレーキをかけてから停止するまでに走る距離がかなり伸びるのも注意しなければならなくなります。
ちなみに30kgになると、強風が吹いただけでやばい感じでした(川崎の事件を平均的な体重で考えると、合計約30kg)。
なので、まともに自転車に乗ろうとしたらおそらく15kgくらい、すなわち5歳児一人くらいが限界だと思います。

そう考えると、1歳児2人でも20kgの重さがあるのですから、そもそも3人乗り自体を許可したのがおかしいのでは?という疑念がわきます。
いくら電動アシストの性能が良くなっても、また自転車のフレームの剛性や耐久性が上がっても、オートバランサーが付いているわけではないのでバランスが崩れたら終わりです。
社会的需要から作られた名目だけ「安全基準」は意味があるのでしょうか?
国民に反対されても、国民の生命を守るために行政というものはあるのではないでしょうか?

と思ったら、自転車の3人乗りが認められた2009年7月って自民党政権の末期で、暗黒の民主党政権のはじまり(おわりのはじまり)の民主党がなんでも反対するだけでマスコミが精査もせずに拍手喝采していた時期か・・・
あれ?ってことは一緒になって子育て世代の要望として、3人乗りを後押ししたのって、マスコミでは?

話が横道に逸れましたが、少なくとも2輪自転車での3人乗りはやはり許可すべきではないと考えます。

<参考リンク>
株式会社 ミムゴバンビーナ チャイルドシート付3人乗り・三輪自転車

【在庫状況:(3/上旬頃入荷予定)】ミムゴ MG-CH243B

価格:51,294円
(2013/2/12 20:25時点)

スポンサーリンク
blight
blight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする