交通事故:中学生9割が自転車で

交通事故:中学生9割が自転車で…他世代より突出(引用元:毎日.jp

中学生の交通事故件数の9割近くが自転車乗用中だったことが、毎日新聞の集計で分かった。高校生は7割、小学生は6割に上る。大人を含めたすべての交通事故件数に占める自転車事故件数の割合は2割にとどまっており、小中高生による自転車事故件数の比率は突出している。専門家は「自転車を取り巻く問題に社会的関心が低かった結果、立場の弱い子供が犠牲になっている」と警鐘を鳴らしている。
(中略)
旧建設省の元キャリア技官で自転車交通を研究している元田良孝・岩手県立大教授は「自転車の安全教育が不徹底で、ルールを知らず利用していることも原因」と指摘。08年のデータでは、自転車乗用中に死傷した15歳以下は74%が自ら法令違反をしていた。

中学生は、自動車やオートバイを運転できないので、自転車での事故が多くなるのは必然ですが、それにしても多すぎですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする