歩道に児童の絵…貼ったら放置自転車激減

歩道に児童の絵…貼ったら放置自転車激減(引用元:YOMIURI ONLINE

子供の絵作戦は、建設局の違法駐輪対策担当、瀧石浩二さん(43)が、児童が壁画を描くことで堤防の落書き被害が減った事例から思いついた。地元小学生の絵を募り、「歩道は駐輪場ではありません」などとメッセージを入れてもらった。

昨年11月、港区内のJR弁天町駅と市営地下鉄朝潮橋駅の周辺の歩道に、特殊なシートに加工した絵を100枚貼った。貼る前の月にそれぞれ68台、71台だった放置自転車は貼った後に、23台と30台になり、今年1月は9台、34台だった。

住民が絵に慣れるまでの間の効果な気もするけど、減ってよかった。
これで減らなかったらと思うとぞっとします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする