今日から自転車は道路右側の「路側帯」通行禁止

今日から自転車は、道路右側の「路側帯」通行禁止となります。
以下、道路右側の「路側帯」通行禁止について解説します。

路側帯とは?

まず、路側帯とはどのような場所を指すのでしょうか。
路側帯と混同されやすいものに「車道外側線」があります。
そこで、その2つを写真により確認します。

「路側帯」と「車道外側線」

「路側帯」

路側帯の画像

「車道外側線」

車道外側線の画像

「路側帯」と「車道外側線」の区別

写真を見ればわかるように、その区別は「歩道の有無」です。
「路側帯」は、歩行者の安全のために、歩道がない道路又は道路の歩道がない側に設置されています。
そして、「車道」と分離することにより基本的に「歩道」と同様に扱われています。

つまり、歩道のある道路の白線は「車道外側線」であり、「路側帯」ではありません。

「路側帯」の法律での規定

法律(道路交通法)で確認してみると、「路側帯」は以下のように定義されています。

道路交通法 第二条
三の四 路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。

当然ですが、法律でも「路側帯」は歩道のない道路のうち、車道と白線で隔てられた道路の端のこととなっています。

自転車と「路側帯」の関係

自転車と道路

前提として、道路において自転車はどのような扱いを受けるのでしょうか。

道路交通法 第二条
八 車両 自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。
十一 軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。

自転車は軽車両にあたり、そして軽車両は車両に含まれます。
つまり、基本的には自動車と同じ扱いということになります。

車両と「路側帯」

そして、車両と「路側帯」について法律は以下のように規定しています。

道路交通法 第十七条
車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない

ということは、軽車両であり車両に含まれる自転車は、「路側帯」は通行できないことになりそうです。
しかし、車両のうちでも軽車両に限っては、例外規定があり歩道や路側帯を走ることができます。
そして、今回の法改正においてはこの例外規定が変更となりました。
そこで、まずは改正前の道路交通法をみてみたいと思います。

改正前の道路交通法

道路交通法第十七条の二
軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる

要するに、今までは歩行者の邪魔にならなければ、歩行者同様に「路側帯」を通行できたということになります。

そして、歩行者は「路側帯」では特別に法律で進行方向を指定されているわけではありません。
というわけで、歩行者の邪魔にならなければ、今までは道路右側の「路側帯」でも自転車は走行できました。

なお、「軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示」とは、実線2本で設けられた「歩行者専用路側帯」などがあげられます。
名前の通りもともと自転車は走行できません。

道路交通法の改正後

ところが、今回の法改正で法律が以下のように変わりました。

道路交通法第十七条の二
軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる

<参考>
警察庁:道路交通法の一部を改正する法律案新旧対照条文(pdf)
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku20130329/04_shinkyuu.pdf

というわけで、今まで軽車両が通行できた道路右側の「路側帯」は通行できないことになりました。
つまり、自転車は道路を走行している自動車の進行方向と逆に「路側帯」を走行することは法律違反となります。

重要なこと

今回の法改正に関する報道では、道路左側の「路側帯」なら走行できる、さらに罰則の適用の変更などが注目されているように思われます。

でも、本当に重要なのは、以下の2つのことだと思います。
まず、1つ目は、自転車は、車両に含まれ基本的には自動車と同じ扱いであるということです。
次に、2つ目は、道交法17条の2は、軽車両たる自転車の「路側帯」の走行の前提として「著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き」と規定していることです。

つまり、自転車は車道走行が基本であり、また路側帯を走れるとしてもそれはあくまで例外ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする