タイトルと内容が?の動画 「マナーの悪い暴走自転車」

どっちが悪い?

ドライブレコーダー(車載カメラ)の普及で、事故映像や危険運転などの動画が動画サイトに数多くアップロードされるようになりました。
それ自体は、色々な事例を色々な人が知ることができるという点において素晴らしいことだと思います。

反面、道交法より自分の中だけの常識が優先される、または法律的には正しいからと絶対正義のごとく振る舞う者もいるのを知る機会であったりします。

問題の動画

さて、問題の動画です。
動画のコメントを見るとアップロードした人はかなり怒っているようですね。

「マナーの悪い暴走自転車、最後に死にかける 」

問題点はどこ?

動画を最後まで見た人は「あ、最後ね。あれはねーわ」と思ったはずです。
たぶん。

でも、アップロードした人が激おこな理由は以下の点だそうです。
「自転車は道路の左端­と定められいるにも関わらず、なぜ真ん中を走る?道交法違反です。」
とまぁ、おそらく道交法第27条(他の車両に追いつかれた車両の義務)を主張しているわけです。

でも、これ真ん中?
それに条文では「できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない」ですよね?
語弊のありそうな言い方になりますが、できないなら譲らなくてもいいわけですが。

それに何度か追い越せる処があったように見受けられます。
というわけで、これが違法か?と言われると「う~ん」となってしまいます。

結局はマナーの問題。お互いの

さて、後出しになりますが、この動画はかなり前にアップロードされました。
そして最初の動画タイトルが実は現在とは違っていたのです。
最初のタイトルは「暴走自転車、最後に事故る」でした。

現在は、「マナーの悪い」が頭に付けられてます。
これは動画の評価を見てもらえればわかりますが、おそらく叩かれて法律的に微妙だと理解したから。

結局のところ、多くの意見は、こんな狭い道路で自転車もスピードを出しすぎで周囲の安全を考慮していない。
そして、それを加速して抜こうとする自動車も周囲の安全を考慮していないという感じだったのではないでしょうか?
コメント欄をみると、自転車が正しい!自動車が正しい!と言う人たちもいますがw

でも、自転車も自動車も事故を起こさなくて良かったですね。
お互い周囲への安全配慮が足りないですよというのが私の感想です。

師走の誰もが周囲への安全配慮がおろそかになる季節なので自分も注意しよっと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする